お悩みの解決をサポートさせて頂く会社
経営

あなたの会社のM&A価格がわかります

【無料】「あなたの会社」のM&A株価がわかります!

近年、M&Aの認識は高まっています。M&Aに対するイメージも大きく変わっているようです。

ひと昔前までは「経営責任の放棄ととられる」、「M&Aは大手企業間で行うことだ」、「敵対的買収」など行動を起こす前に、感情的にM&Aを避けてしまうケースが多くありました。

一方で、2025年には国内の127万社が後継者不足で廃業の危機となり、内60万社は黒字廃業の予想など、耳にする機会が増えてきました。国内の66%の企業が後継者不在であるともいわれています。

また同時に、M&Aに対するイメージも、以前に比べて事業戦略としてのM&A活用など前向きな認識も広がってきています。

会社を譲渡する場合の株価はどのぐらいなのか?

突然、M&Aと耳にしても、何をどうしたら良いのかわかりません。そのため、まずは自社を譲渡する場合、大体どのくらいの評価になるのかを知ってみるのも一つの手だといえます。
一言で「評価」といっても、株式価値の算定上、その算定目的により、採算する評価手法や基礎数値が異なります。
例えばM&Aにより全株を売却する場合と、将来の友好的な取引関係を構築するために株式を持ち合う場合とでは株式価値の算定手法や算定結果は大きく異なります。

どのような手法で自社は評価されるのだろう?

株式の価値は企業の状況を勘案して算定すべきものと考えられます。
勘案すべき企業の状況には下記のような事項があります。
市場価値の有無、類似する業種の上場会社の株価、同業他社の株式取引事例、会社に対する支配権の有無、将来の成長性、同業他社に対する優位性、事業計画の信頼性、保有資産の価値、各種税金など

税理士から相続税評価額を聞いているけど、M&A価格とどう違うのか?

評価目的や企業の状況に応じ、取引事例法と下記の手法との併用により株価の算定を行います。
1,時価純資産価格法
2,類似会社比準法
3,DCF法
特に時価純資産価格法は中小企業の評価を表すのに適しているといわれ、中小企業のM&Aの現場でよく使用されます。
このように、自社評価においても相続税評価額とM&A評価額は評価の仕方によって大きく異なることがポイントになります。

まずは、自社のM&A評価額を知ることから、今後の事業戦略を計画するのもよいのではないでしょうか。