お悩みの解決をサポートさせて頂く会社
TAX 相続

H25年~29年に約1億円以上(500㎡以上)の土地を相続された方へ

ひょっとすると、支払った相続税を取り戻せるかもしれません。

その理由は、相続発生時に広大地評価を使用していたかどうかにあります。

広大地評価を使用すると、500㎡以上の土地を相続した場合、最大65%の税効果が期待できるというものです。

広大地とは、その名の通り広い土地のことを示しますが、広大地として認定される条件を満たしていなければ仮に500㎡以上の土地でも広大地にはなりません。

 広大地評価は2018年(平成29年)1月までに発生した相続に使用可能でしたが、使っていない、知らなかった被相続人が多数いると考えられます。

もし、「申告した土地が広大地評価の適用ができる土地」だったにも関わらず通常の路線価で相続税を計算、申告していた場合、土地の評価を下げることができるかもしれません。

記事による意思決定は、様々な判断材料に基づいて行う必要があります。記事の内容を実行される場合には、専門科等に個別具体的にご相談の上、意思決定ください。本記事をそのまま実行されたことに伴い、直接・関節的な損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。