お悩みの解決をサポートさせて頂く会社
経営

働き方改革法案の対策 クラウドサービスの導入

近年の人材不足は中小企業のオーナーにとって、一番の悩みだそうです。

働き方改革法案は、大企業は2019年4月から適用ですが、中小企業は2021年4月からの適用となります。

つまり中小企業は、2年の猶予があります。

 いまだにタイムカードとエクセルで勤怠管理をしているなど、人手も費用も多くかかってしまっている企業がたくさんあるようです。そのような現状から脱却するためにも、勤怠管理のクラウドサービスを導入してみてはいかがでしょうか。専門の社労士と提携してサービスを提供している士業法人もあるようです。

提供会社によって費用は様々ですが、従業員1人あたり数百円/月。仮に100人の従業員がいる企業でも、単純計算で数万円/月の費用で勤怠管理のクラウドサービスの導入が可能となります。

記事による意思決定は、様々な判断材料に基づいて行う必要があります。記事の内容を実行される場合には、専門科等に個別具体的にご相談の上、意思決定ください。本記事をそのまま実行されたことに伴い、直接・関節的な損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。