AUUに"得意"を登録しましょう!
COVID-19 コスト削減 マネー 経営

賃料コストの「適正化」により収益増大に貢献!

近年、コロナウィルス感染症の影響などで、賃料コスト(賃料やテナント料)が経営を圧迫しているケースや、長期間の契約により相場と乖離した賃料を支払い続けているケースが多く見受けられます。

賃料コスト適正化サービスとは?

それらを解消すべく「賃料」や「テナント料」の固定費を削減するためのサービスです。
入居中の店舗やテナントの賃料について、適正な条件に基づいて交渉を行い、大幅な経費削減に貢献します。

家賃適正化サービスのメリット

✓ 自社での交渉は本業の妨げや、減額に至らないケースも

自社で交渉に行かれる場合、家賃減額に繋がらなければ、費やした時間と費用が損失として発生してしまいます。
また、これまで多くの家賃適正化の交渉に携わってきた専門家だからこそ、最適なノウハウで大幅な賃料コストの削減に貢献することが可能となります。

✓ 完全成功報酬制のため、無駄なコストをかけずに依頼が可能

日々の業務が多忙で、重要とは分かっていても固定費削減まで手が回らないのが現状です。
しかし、賃料は、年間に換算すると経営に多額の影響を及ぼします。
賃料コストの適正化サービスは完全成功報酬であるため、初期費用などのコストを掛けずに依頼することが可能です。

会社運営のコスト削減をサポートする株式会社ワンピースの強み

コンサルタントは少数体制で折衝能力の高い専門家集団

1人あたり1500件以上の物件数を経験し、過去の統計から貸主と物件を分析

高い交渉力により、圧倒的なスピードで削減幅と成功率を実現

多くの物件データを保有

物件データの底値分析により、削減額を最大化

コンサルティングの流れ

コンサルティングの料金(完全成功報酬制)

診断報告書で「高い・安い」がわかる!

賃料診断申込書を受入後、診断結果報告書を提示させて頂き、実際に支払っている賃料が「相場坪単価」と比較し、適正なのかを診断します。
「相場坪単価」とは、不動産情報誌のレインズ・アットホームなどで通常公開されている募集単価の情報です。

コンサルティング不可もしくは成功率の低い物件とは?

交渉できない物件

家賃を滞納している
契約違反をしている(禁止事項に当てはまる事由がある)
→ 貸主に無断で転借している、契約書と異なる事業をしている等
インショップ(デパ-ト、ショッピングセンタ-等)
→ 売上の○%などの契約の場合が多い ※該当しない場合は可能。
貸主が暴力団関係、右翼、反社会的勢力など。

交渉減額率の低い物件

契約から1年経過していない。または、1年以内に交渉している
サブリース(転借)の契約になっている
貸主(管理会社)から注意を受けて改善していない
→ ゴミの出し方、ルールを守っていない等
定期借地借家契約(特に32条(借賃増減請求権)がない契約)
個人契約の物件
※ 成功率が低い案件でもコンサルティングは可能です。

御社の収益の増大に貢献致します。
是非、この機会に完全成功報酬制の賃料コスト適正化サービスの導入をご検討ください。

株式会社ワンピースにお問合せ(「AUU Onlineを見た」とお伝え頂くとスムーズです。)頂くか、AUUにご相談の上、担当者をお繋ぎさせて頂く事も可能です。

記事による意思決定は、様々な判断材料に基づいて行う必要があります。記事の内容を実行される場合には、専門科等に個別具体的にご相談の上、意思決定ください。本記事をそのまま実行されたことに伴い、直接・間接的な損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。