緊急:コロナ関連の記事を公開しました
相続

相続後に依頼する 遺産整理とは?

遺産整理業務とは?

遺産の相続手続きを、相続人に代わって信託銀行などの遺産整理業を営む業者が代理で行うサービスです。

主に、預貯金・有価証券の相続手続きや生命保険金の請求、不動産の相続登記など、被相続人の相続手続きを行います。

相続発生時の悩み

相続発生時には、何をすれば良いのか、手続きが煩雑、相続人が離れて住んでいる、または多い、遺言信託があるがどうすれば良いのか等の悩みが多く聞かれます。そういった悩みの解決策として、遺産整理業務を依頼・利用が可能です。

遺産整理業務の流れ

遺産整理業務を依頼するため、委任契約の締結を行います。その後、相続財産の調査、相続手続きを相続人に代わって行います。相続財産の調査では、相続人の確定や資産の損益通算、財産目録の作成、遺産分割協議書の作成などを行います。

遺産整理業務のメリット

専門業者に依頼することで、安心・正確に遺産整理を行うことができます。

また、相続人の代理として、法定相続分や相続人が合意した割合で手続きを行うため、争族防止策にもなります。

遺産整理業務のデメリット

遺産整理業務の委託に際して費用がかかる。

相続税の申告など、税務に関することは別途、税理士に依頼する必要がある。

相続手続きにおける争族が起きている場合や紛争になりうる場合には引き受けられない。

相続人の中に行方不明・生死不明者がいる場合に引き受けられない。

相続手続きは、一生のうちに何度も経験するものではありません。そのため、相続手続きはなかなかスムーズにはいかないことが多いといわれています。そういった悩みを解決する方法として遺産整理業務の委託を検討してみるのも良いのではないでしょうか。