緊急:コロナ関連の記事を公開しました
経営

知っていますか?事業承継の方法

事業承継には3つの方法があります。

  1. 親族への承継
  2. 従業員への承継
  3. M&A(第三者への承継)

1.親族への承継における悩み

  • 子供が好きな仕事に就いていて、事業の後継者をどうしたら良いのか…
  • 子供が経営者になるには、すこし荷が重そうだ…。

2.従業員への承継における悩み

  • 株式の買い取り資金を後継者が用意できなかった…。
  • 個人保証の交替手続き時に、後継者が金融機関の審査に通らなかった…。

3.M&A【第三者承継】を選択する経営者が増えています

  • よい相手にめぐり会えて事業上の相乗効果もあり、安心して引退できた。
  • 子供が医師になり、別の道に…。会社を存続させ、従業員の雇用を継続できた。
  • 個人保証から解放され、精神的に楽になった。

20年前は、90%以上が「親族内承継」であったのに対し、最近では、約半分が「親族以外の承継」(M&A等)となっています。

この機会に、事業戦略としてのM&Aも選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。