お悩みの解決をサポートさせて頂く会社
COVID-19 マネー 経営 補助金・給付金・助成金

分かりやすい!事業復活支援金の概要!

今回の「事業復活支援金」は、その名の通り「支援金」であることから、個人事業主法人で、要件に当てはまれば、支援金を受け取ることが可能となります。
事業復活支援金(中小企業庁)

✓ 該当するのか?

✓ 金額はいくらなのか?

✓ 該当するのか?

「2021年11月~2022年3月までの期間の任意のひと月の売上が、2018年~2020年のそれぞれ11月~3月のいずれかの同月売り上げと比較して、30%以上下落しているかどうか」となります。

例えば、
2019年1月売上:200万円・・・①
2022年1月売上:100万円・・・②
① - ② で、50%以上売上が下落しているので給付対象となります。

より詳しく解説をすると、

1、2018年~2022年それぞれの11月~3月の各月の売上をピックアップします。

2、2018年~2021年の11月~3月(2021年は1〜3月)と、2021年11月~2022年3月 それぞれの「同じ月の売上を比較」します。

3、2018年~2021年の11月~3月(2021年は1〜3月)の売上と比較して、2021年11月~2022年3月のピックアップした「同じ月の売上が30%以上減少」している場合は支給対象となります。

✓ 金額はいくらなのか?

「基準【期間】の売上から売上減少した【月】の売上×5を引いた額」

つまり、
基準期間の売上 - 対象月の売上×5カ月分
となります。

「基準期間」とは、A ~ C のいずれかの期間を指します。
A、2018年11月~2019年3月
B、2019年11月~2020年3月
C、2020年11月~2021年3月

例えば、
対象月が「2020年1月」(比較対象月)と「2022年1月」(売上減少月)の場合
2019年11月 売上 200万円
2019年12月 売上 200万円
✓ 2020年01月 売上 200万円
2020年02月 売上 200万円
2020年03月 売上 200万円
・・・
✓ 2022年01月 売上 100万円

この場合、売上減少月の2022年1月の売上100万円が、比較対象月となる2020年1月の売上200万円の50%(減少率が30%以上は支援対象)となっているため、

200万円(2020年1月の売上) - 100万円(2022年1月の売上)=100万円・・・③
となります。

続いて、A ~ C の基準月を含む基準期間を選定し、該当する基準期間の売上を計算します。
今回は B、2019年11月~2020年3月に基準月が含まれるため、「B」の基準期間の売上合計が適用されます。

2019年11月~2020年3月の売上
2019年11月 売上 200万円
2019年12月 売上 200万円
2020年01月 売上 200万円
2020年02月 売上 200万円
2020年03月 売上 200万円
基準期間の売上合計は、1000万円・・・④
となります。

「基準期間の売上 - 対象月の売上×5カ月分」 に当てはめると
「④ - ③ × 5 」となるため、
1000万円 - 100万円 × 5 = 500万円
となります。

売上1億円以下 の 法人 の場合、支給額の上限は「100万円」となるため、上記の場合、100万円の満額支給 となります。

給付上限額

事業復活支援金のまとめ

佐々木先生より提供

佐々木先生 情報共有を頂き誠にありがとうございます。

タグ:佐々木 麻理子 行政書士( 行政書士法人LILAC 代表)より情報提供

記事による意思決定は、様々な判断材料に基づいて行う必要があります。記事の内容を実行される場合には、専門科等に個別具体的にご相談の上、意思決定ください。本記事をそのまま実行されたことに伴い、直接・間接的な損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。