お悩みの解決をサポートさせて頂く会社
マネー

革新的で身近なファミリーオフィスサービスとは?

Pragmaworks株式会社

現在、欧米の潮流に従い、日本においても富裕層の資産運用・助言サービスは、最も金融業界がフォーカスしている領域の一つであると考えられ、各社盛んにサービスを展開しております。しかし、投資家の皆様から当社に対し、「金融機関担当者・助言の質が低い、手数料稼ぎのための取引提案が多い、証券会社横断的にポートフォリオ全体を管理してもらえない、取引の手数料が不透明」など様々な悩み、不安のお声を頂戴しており、資産運用を行う皆様が、真にが必要とするサービスとは何か、という点に考えを重ねてまいりました。

「利益相反なく投資家と同じ方向を向いて資産運用に伴走してほしい」、「資産運用にまつわる漠然とした不安や孤独感を解消したい」、「資産全体のサポートをしてほしい」、「取引コストを削減したい」等のお声に応じて、運用のパフォーマンス安定はもちろんのこと、資産運用に伴う心理的な面にも配慮する、従来の金融機関にはない力強い資産運用のサポートサービスをご紹介いたします。

Pragmaworksのサービスとは?

資産管理に、下記のようなお悩みはありませんか?

✓ 自分の投資手法が正しいかどうか不安(ネットの情報、周囲の投資家との比較)
✓ 現金融機関担当者に対する不安
✓ 資産運用の目標に対して乖離しているのではという不安
✓ 市場環境、失敗への不安
✓ 有事になった際の対応への不安
✓ 投資商品に対する不安(市場環境にフィットしているか、商品リスクを理解しているか)
✓ 金融機関の執行能力への不安
✓ 金融機関そのものへの不安
✓ 運用状況、データ書類の管理が煩雑かつ、証券会社横断的な資産管理ができない
✓ 取引コストが見えにくい

Pragmaworksはそんなお悩みを解決いたします。

こういった悩みに対するきめ細かい対応は、従来の金融機関においては、残念ながらごく一部の対象顧客に対してのみ実施されてきたと考えられますが、Pragmaworksでは下記の2大サービスと3つのアクションをご提供することで、富裕層の投資家皆様に、身近にファミリーオフィスを体感して頂けるサービスを開発致しました。

Pragmaworksが提供する2大サービスと3つのアクション

◆2大サービス

1、伴走型金融メンター

・投資に関する専門的なディレクション
・金融メンタリング
を通して資産運用の「不安」や「孤独感」を解消します。

●お客さまの資産管理のプロとして、あらゆる金融取引に精通していますが、私たちは、お客さまに安心してご相談いただくために、金融商品の販売は一切行いません。

●お客さまの人生に寄り添い目的を共有することで、私たちは、お客さまの「不安」や「孤独感」に向き合うための、メンタリングサービスを提供します。

●お客さまの「こうしたい」を見つけ出し、「たのしい資産運用」のために、私たちは、「ヒトとシステム」両軸の「Team」ユニットで、結果を追究します。

2、統合管理ツール 「ポートフォリ王」の活用

複数の金融機関で保有している多様な商品を横断管理する資産台帳ツール「ポートフォリ王」は、資産全体が確認できるので、いつでも適切な投資行動をとることを可能にします。

「ポートフォリ王」は、お客さまが保有されている全ての金融商品を、金融機関横断的に、統合して管理することができるツールです。普段、Pragmaworksに寄せられるお客様の不満や要望(※1)をもとに、お客さまがストレスなく、快適に資産運用に 取り組んでいただけるよう開発されています。

(※1)お客様からの不満や要望の例
定期的に金融機関から送られてくる運用報告書が見にくい、運用報告書の仕様が各社バラバラでわかりにくい、利金や分配金も含めたトータルリターンでのパフォーマンスを知りたい、複数金融機関で取引しているが資産全体での状況が把握しにくい、資産全体を俯瞰してバランスよく資産運用ができるようアドバイスが 欲しい 等

『ポートフォリ王』の構成
✓ ポートフォリオ全体の現状分析
✓ 月別の運用状況
✓ ポートフォリオの諸データ分析
✓ 個別銘柄のデータ分析

◆3つのアクション

1、中立的な資産運用ディレクション

商品販売のない、中立的な立場からのディレクションのため、たのしく、バイアスの少ない意思決定が可能となります。

2、データ整理のアウトソーシング

金融取引に関する書類の整理を丸投げできるので、面倒な管理が楽になります。

3、取引実行サポート

金融商品の適正価格の提示などのサポートが受けられるので、 納得感のある取引が実行できます。

是非、この機会に、Pragmaworksのファミリーオフィスサービスの導入をご検討いただけますと幸いです。

Pragmaworksにお問合せを頂くか、AUUにご相談の上、担当者をお繋ぎさせて頂く事も可能です。

記事による意思決定は、様々な判断材料に基づいて行う必要があります。記事の内容を実行される場合には、専門科等に個別具体的にご相談の上、意思決定ください。本記事をそのまま実行されたことに伴い、直接・間接的な損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

Pragmaworks株式会社