緊急:コロナ関連の記事を公開しました
緊急:コロナ関連

緊急:コロナ関連 持続化給付金について

持続化給付金とは

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支えるため、事業全般に広く使える給付金を給付する制度です。

中小企業等は上限200万円
個人事業者は上限100万円

中小企業等には上限200万円、個人事業者には上限100万円の給付金制度となっています。
ただし、昨年1年間の売上からの減少分が上限となっています。

給付額の算定方法

前年の総売上(事業収入)―(前年同月比▲50%月の売上×12か月)
※金額は10万円単位で10万円未満の端数は切り捨てる。

2020年1月に前年同月比で-50%となったケース

計算式
前年の総売上1200万円 ― 前年同月比▲50%月の売上50万円×12か月
=1200万円 - 50×12か月=600万円
上記のケースでは600万円となるため、
中小企業等の場合、上限の200万円
個人事業者の場合、上限の100万円
が、持続化給付金の給付対象となります。

給付対象

法人
資本金10億円以上の大企業を除く、中小企業等が対象。
また医療法人、農業法人、NPO法人など、会社以外の法人についても対象。

個人事業主
フリーランスを含む個人事業者が広く対象。

持続化給付金(経済産業省)

申請概要

中小法人等事業者向け(PDF) 経済産業省
個人事業者等向け(PDF) 経済産業省

持続化給付金に関するお知らせ
動画説明(経済産業省)

記事による意思決定は、様々な判断材料に基づいて行う必要があります。記事の内容を実行される場合には、専門科等に個別具体的にご相談の上、意思決定ください。本記事をそのまま実行されたことに伴い、直接・関節的な損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。